ロッテ恒例、交流戦「挑発ポスター」今年は・・・?

毎年恒例となっている、千葉ロッテマリンズの交流戦の名物「挑発ポスター」。今年は、プロレス編で挑発をしている。
今月の26日から、QVCマリン内外、千葉県内の商業施設や千葉市内の公共施設などに張り出される。
ポスターは全7種類で、このポスターのモデルを務めたのは、千葉県内で活動をする、プロレス団体「KAIENTAI DOJO」のレスラーたちである。
千葉ロッテマリンズのMマーク入り覆面マスクをかぶり、セ・リーグ各球団の覆面レスラーに対して必殺技をさく裂している。
最初の対戦相手である広島カープのレスラーには「必殺!カープ女子に嫉妬締め」とし、背景には、カープの鯉にちなんで、こいのぼりがはためいている。
今年から交流戦の日程が変更があり、球団内には本拠地の主催試合は3カードのみ。だが、名物ということもあり、ファンサービスの一環として6球団分を作成したとのこと。現在、千葉ロッテマリンズは借金2の4位だが、プロレス必殺技で交流戦を勝ち抜くことは出来るのだろうか。