中国 一人っ子政策を完全廃止

中国共産党会議、第18期中央委員会第5回総会は29日、4日間の討議を終え閉幕しました。
閉幕後公表された、総会コミュニケによりますと中国政府は全ての夫婦に対し2人までの子供を産むことを認め、夫婦に子供は原則1人までと定めていた国策の「一人っ子政策」の完全廃止を決定しました。
世界最大の人口を持つ中国で、1979年から続いた独自の産児制限は36年の歴史で終止符を打ち、人口政策の歴史的転換を図りました。コミュニケは廃止時期を明記していませんが、中国の各メディアは「早ければ年内」と伝えているとのことです。
共産党は2013年の同中央委員会第3回総会では、「夫婦のどちらか一方が一人っ子の場合は2人目を産むことができる」と定めており、政策の緩和を決めていました。
決定の背景には、中国で進行する深刻な高齢化への危機感があるということです。
労働力人口が2012年に減少に転じる一方で、2050年には60歳以上が全人口の35%を占めて、世界で最も高齢化が進んだ国になるという国際機関の予測も出ていました。
実際にも、中国政府にも誤算がありました。
2013年の政策緩和の結果、対象となる全国1100万組の夫婦から毎年200万人の子供が生まれると見込んでいましたが、実際に2人目の出産申請は今年5月までに13%前後にとどまっているとされました。
結果的に一人っ子政策で、高齢化に歯止めがきかなくなった中国。この一人っ子政策廃止はどのような影響をもたらすのでしょうか。

「歴史読本」59年の歴史に幕

59年の歴史を持つ「歴史読本」が10月6日発売の「歴史読本 2015年秋号」を最後に休刊することが発表された。
同誌は1956年に「特集 人物往来」として創刊。歴史図書専門出版社の人物往来社から刊行されていたが、その後同社は新人物往来社と社名を変更、2008年に中経出版の子会社化となった後、2013年に中経出版に吸収合併されていた。
歴史専門雑誌として2015年3月号までは月刊だったが、4月から季刊化。そこから半年ほどで今回の休刊となった。
定期刊行物としては休刊するが、今後はテーマや地域性を厳選し、カラーページを充実させた「別冊歴史読本」を刊行するほか、単行本「歴史読本BOOKS」シリーズを新たに創刊していくとしている。
月刊誌から季刊誌となり、休刊ということは徐々に購読する人が減っていってしまったのだろうか?単行本で新たなシリーズが刊行されるということなので、今後は保存版としてそちらを購入する人が増えそうだ。