「ダメ恋」深田恭子のダサカワ服人気

「プチプラ」とはプチプライスの略。
「かわいいのに安い」という意味で使われていて、ファッション誌でも、今や「プチプラ」特集は鉄板企画になっています。
1万円以下の白いリボンつきブラウスとピンクのスカート、フードつきコートは3万円台でパール調のイヤリングは2700円――深田恭子が身につけたプチプラ服が今飛ぶように売れています。
素材、シルエット、カラー。職場の制服以外はどれもかっちりしていなくて、癒し感が満載です。女性らしい素材やシルエットが多く、肌の露出は控えているので、男性からも女性からも高い好感度を得られます。
深田恭子さんの演じるキャラクター同様に、頑張りすぎていないところがポイントとのこと。
ブランドも、サマンサタバサやスナイデル、また、ジェラートピケ、ダズリンなど10代後半から20代といった若い世代向けが多用されていて、そして、お値段も手頃。
それでいて30~40代でも着こなせるアイテムも多いといいます。まさにプチプラアイテムが揃っています。
そんなところも人気につながっているんでしょうか。